永久脱毛という言葉の裏

物は言いようとはよく言ったもので、その一番わかりやすい例が、注意書きではないだろうか。
表向きは都合のいい言葉がドーンと大きく、目立つ色で書かれているのだが、よくよく見てみると、その都合のいいことを実現させるには細かい条件が必要だったりと、なんだかとてもだまされた気になる。
しかし、小さいながらも「注意書きがある」という事実には変わらないので、「ちゃんと書いてあるでしょ、ほら、ここ」と言われてしまっては、ちゃんと細かい字まで読んでなかった自分が悪いと結論付けられるというわけである。
そうならないために必要なことが、事前の下調べであろう。
たとえば「永久脱毛」という言葉を聞いて思い浮かぶのは、それを受けてしまえば、もう二度とそこから毛が生えてくることなんかないのだという最良のイメージだ。
しかし、永久脱毛について詳しく調べれば、「二度と生えてこない」ということではないという事実が浮き彫りになってくる。
そのように、しっかり事前にそのことに関する情報をリサーチしておくことが、どんな物事においても非常に重要な意味を持つのだ。